2009年06月28日

추억이 오는 날

まずは歌の歌詞から

추억이 오는 날 cool

아무도 아무도 오지 않는 날에 이런 날엔 니가 더 그리워
추억이 오면 눈물이 날까

텅 빈 마음에 바람이 지나고 눈가에 맺혀 오는 기억들
추억이 오는 날인가봐

니가 있었잖아 자꾸 보고 싶잖아
쓸쓸하지만 아름다운 날엔
잠시 행복하라고 널 기억하라고
아주 오랜만에 니가 왔는데
난 울어 버렸어

행복해 행복해 난 행복하다고 늘 그렇게 믿고 싶었지만
그때가 더 행복했나봐

니가 있었잖아 자꾸 보고싶잖아
아름답지만 더 쓸쓸한 날엔
잠시 행복하라고 널 기억하라고
아주 오랜만에 니가 왔는데

또 바보처럼 난 그만 울어버리고 말았어
웃고 있던 니 모습도 눈물이 얼룩져가고
추억은 그렇게
점점 멀어져가고 난 눈물을 닦지만
아직 나에게 넌 추억이 될 수 없는 사람인가봐
널 사랑하나봐

추억이 되어 오는 널 보면 내가 너무 아파

思い出が来る日 Cool

誰も…誰も来ない日 こんな日にはオマエがもっと恋しくなる
思い出が来たら 涙が出るだろうか

がらんとした心に風が吹いて 目のあたりににじんだ記憶
思い出が来る日なんだろう

オマエがいただろ すごく会いたいんだ
寂しいけれど 美しい日には
少しの間 幸せでいてって、ワタシをおぼえていてって
すごく久しぶりにオマエが来たのに
オレは泣いてしまった

幸せさ 幸せだよ オレは幸せなんだと いつもそんな風に信じてたかったけど
あの時が もっと幸せだったんだな

オマエがいただろ すごく会いたいんだ
美しいけれど それよりもっと 寂しい日には
少しの間 幸せでいてって、ワタシをおぼえていてって
すごく久しぶりにオマエが来たのに
オレは泣いてしまった

またバカみたいに オレは そのまま泣いてしまった
笑っているオマエの姿も涙がにじんで
思い出はそんな風に
少しづつ遠くなっていって オレは涙を拭くけど
まだオレにとって オマエは思い出にはできない人みたいなんだ
オマエを愛しているみたいなんだ

思い出になって来るオマエを見るとオレがすごく痛い



10years cool

우리가 함께한 수많았던 시간들 이젠 추억 속에 물들어가죠
세월 속에 함께 했던 우리 모습은 어떤 기억으로 남겨져 갈까
우리가 맨 처음 만났던 시절 함께 한다는 이유만으로
우린 같은 시간 속에서 꿈을 꾸듯 난 행복했죠

우리 삶이 결코 길지는 않지만 오랜 시간을 함께 걸었던 우리
추억 속에 영원히 남아있겠죠 오~
때론 섭섭한 맘도 있었겠지만 이젠 그런 맘까지
그리워 할 그때가 오겠죠

쿨 이라는 이름과 아로하 라는 이름으로 함께했던
우리의 추억은 삶이 끝나는 날까지 간직 하겠습니다

혼자란 사실이 때론 힘이 들겠죠
우린 늘 함께 했었으니까

힘들 땐 내 손을 잡아주었고 서롤 닮아갈 우릴 알았죠
그 추억의 시간들만큼 아파할지도 모르겠죠

우리 삶이 결코 길지는 않지만 오랜 시간을 함께 걸었던 우리
추억 속에 영원히 남아있겠죠 오~
때론 섭섭한 맘도 있었겠지만 이젠 그런 맘까지
그리워 할 그때가 오겠죠

이제 홀로 설 시간이 우리를 찾아오네요
꼭 행복하기를 바래요

우리 삶이 결코 길지는 않지만 오랜 시간을 함께 걸었던 우리
추억 속에 영원히 남아있겠죠 오~
때론 섭섭한 맘도 있었겠지만 이젠 그런 맘까지
그리워 할 그때가 오겠죠

아름다웠던 시절 굿 바이~~

10years

オレ達が一緒だったたくさんの時間 もう思い出の中に染まっていってるだろ
月日の中で一緒だった俺たちの姿はどんな思い出として残って行くんだろう
オレ達が始めて会ったころ一緒いるって理由だけで
オレ達が同じ時間の中で夢を見てたようにオレは幸せだったよ

オレ達の人生は決して長くないけれど長い時間一緒に歩いてたオレ達
思い出の中に永遠に残るだろ
時には名残惜しい気持ちもあるだろうけれどそんな気持ちまで
懐かしくなる、そんなときが来るだろ

一人だと言う事実は時にはつらいときもあるでしょ
ワタシ達いつも一緒だったから

つらいときはオレの手を握ってくれて 互いに似通ってくるオレ達がわかった
そんな記憶の時間と同じくらい痛がるかも知れない

オレ達の人生は決して長くないけれど長い時間一緒に歩いてたオレ達
思い出の中に永遠に残るだろ
時には名残惜しい気持ちもあるだろうけれどそんな気持ちまで
懐かしくなる、そんなときが来るだろ

もう一人で立たなきゃいけない時間がオレ達を訪ねて来たね
きっと幸せであるように願うよ

オレ達の人生は決して長くないけれど長い時間一緒に歩いてたオレ達
思い出の中に永遠に残るだろ
時には名残惜しい気持ちもあるだろうけれどそんな気持ちまで
懐かしくなる、そんなときが来るだろ

美しかった時よ Good Bye~~


双手的温柔 江美琪

先别说 先别说 离开我的理由 反正都叫是相同的结果
拥抱着 拥抱着 没开口泪先流 因为我学习着放手

偶尔 抬头看天空 心还会有一阵阵难过 当我习惯寂寞 才是自由的时候

啊 眼泪安安静静的流过 相爱的时候 你说过的话还清晰在耳朵
啊 时光安安静静的走过 偶尔回过头 曾经拥抱过的双手 还留着温柔

多年后 多年后 也许不再伤痛 当我们已经失去了联络
可能你 可能我 在不同的角落 依旧吹着同一阵风

偶尔 抬头看天空 心还会有一阵阵难过 当我习惯寂寞 才是自由的时候

啊 眼泪安安静静的流过 相爱的时候 你说过的话还清晰在耳朵
啊 时光安安静静的走过 偶尔回过头 曾经拥抱过的双手 还留着温柔

啊 时光安安静静的走过 偶尔回过头 曾经拥抱过的双手 还留着温柔

両手のぬくもり   江美琪

先に私を離れる理由を言わないで どっちにしたって結果は同じだから
抱きしめられたら 口を開く前に涙が先にでる 私は手放すことを学んでしまったから

たまに空を仰ぎ見たら心はまだしきりにつらい 自由な時間の中で私は寂しさに慣れっこになってしまった

あぁ 涙は静かに流れる 互いに愛し合っていた頃 あなたが話した言葉はいまだにきれいに耳もとにある
あぁ 時間は静かに過ぎ行く たまに振り返ると 昔抱きしめてくれた両手のぬくもりがまだ残ってる

何年か後には 傷つかなくてもすむかも知れない 私たち既に連絡することもなくなった
あなたなのか 私なのか 違う片隅に 変わらずに同じ風が吹いている

あぁ 涙は静かに流れる 互いに愛し合っていた頃 あなたが話した言葉はいまだにきれいに耳もとにある
あぁ 時間は静かに過ぎ行く たまに振り返ると 昔抱きしめてくれた両手のぬくもりがまだ残ってる

あぁ 時間は静かに過ぎ行く たまに振り返ると 昔抱きしめてくれた両手のぬくもりがまだ残ってる



今日は古い友人に縁がある日だった。
13年ぶりに会った人や、なかなか…それこそ5年も6年も会えないだろう人から連絡が来たりした。

最近、オレには추억が来ていたみたいだった。なんでもないことの中に懐かしいニオイを感じていたりした。
そんな中で今日は、もう会うこともないだろうと思っていた奴に会うことができた。
けれど諸手を挙げて嬉しいだけじゃなかった。
会わなかった時間の中で感じていた、それこそ今日会った奴には関係のない出来事も含めた、いろんな思いが混じっていた。
13年の間の、嬉しかったこと楽しかった事はもちろん、悔しかったことや悲しかったこと、いまだに解けない恨(韓国語でハンと読む。うらみという意味ではない)もいっぺんに心の中にこみ上げた。
そんな一日だった。
  

Posted by はぬる at 02:21Comments(0)