2011年08月26日

西遊記

日本では猪八戒の名のみが知られているけど、奴の名は猪悟能で、八戒は別名だったりする。
孫悟空、猪悟能、沙悟浄と玄奘の弟子には「悟」の字が入る。
ちなみに猪八戒の呼び名に合わせるのなら、孫悟空は孫行者、沙悟浄は沙和尚となる。
また、沙悟浄は「河童」ではない。
なぜ、日本でこんなに「河童=沙悟浄」のイメージが広まってしまったのかわからないけれど、このあたり、中国の文化が関わってくるので大いに注意したいものだ。
(沙悟浄=河童というイメージしか持てないのであれば、それはイメージが貧困だと言われても仕方ないと思う。)


同じカテゴリー(雑感・いろいろ)の記事画像
秋夕
釜石~宮古、気仙沼~石巻
やくせない味
ちゅらだま いん 庄内
同じカテゴリー(雑感・いろいろ)の記事
 産経の電波な記事 (2015-05-24 23:50)
 都市化と時間感覚について (2015-04-05 11:02)
 水滸伝 100回本 読了 (2015-02-18 21:41)
 水滸伝71回以降について (2014-10-20 22:19)
 只今100回本『水滸伝』読書中 (2014-10-12 11:40)
 日本・韓国・北朝鮮のニュース番組を比較してみる。 (2014-10-05 00:21)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。