2013年02月23日

ラジオ

引っ越し前、台所には1977年製造の、当時すでに13年物の銀色のラジカセがあって、それでFMのNHKを聴きながら朝ご飯を食べていた。
その番組の中で流れる歌のない曲(ジャズやら映画音楽やら)のコーナーがあったのだが、選曲がやたらよかった。
オレは毎朝それを聴いてから学校に向かった。
毎朝新鮮な気分だった。
ある日、その番組で映画『魔女の宅急便』の「海の見える街」が流れた。
すごく晴れた日で夏がそろそろ来ることを予言していた。
「海の見える街」はその日にすごく合っていた。
オレはこの曲をまた聴きたいと思った。
それで学校の音楽の先生にたずねたら、サントラ集が出ているとのことだった。

引っ越しとともに自分の部屋をもったのが中1の頃だった。
その日は土曜日で、確か7月の14日だったと思う。
TBSの『不思議発見』のテーマはファーブル昆虫記だった。
中学1年の一学期後半、音楽の時間で『荒井由実』の「瞳を閉じて」を合唱していた。
「魔女の宅急便」のOSTのCDを買って(当時はサフラーの横にCDを売る店があった!!)、主題歌が荒井由実であることにはじめて気がついた。

ところで、その頃はまっていた「ハイスクール奇面組」にラジオに関わるエピソードがあった。
そのエピソードで「オールナイトニッポン」の存在を知った。
聴いてみたいと思った。
一人部屋を得たこともあって、誰にも迷惑をかけずに聴けると思った。
地方であるため、オールナイトニッポンがどの放送局かわからず、とりあえず地元のラジオ放送をつけた。
オールナイトニッポンは1:00から始まることが分かっていたから、最初は次の日に影響がない土曜日に聴いたんだと思う。
はじめに松任谷由実の語りが入り、「松任谷由実のオールナイトニッポン」の声とともにビタースウィートサンバが流れた。
これがオレが能動的にラジオを聴き始めたきっかけだった。
はじめはなぜ荒井でなく松任谷なのか…かなり不思議(結婚して苗字が変わったのはわかるが、「やさしさに包まれたなら」や「リフレインが叫んでいる」がラジオで紹介されるときは「荒井由実」で紹介するから、かなり混乱した記憶がある。)
平日は23:00から始まる徳永英明がパーソナリティを務める『フロムCサイド』を聴いていた。
やはりそのころ見ていたドラゴンクエスト勇者アベル伝説の第一部(この地域では二部は放送されなかった)の初期のエンディングテーマ「夢を信じて」を歌った人、というのは聴き始めてから知った。
1990年の秋頃、こうしてオレはラジオを聴くようになっていった。
(続く)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。